POSAカード事業

デジタルコード モバイルPOSA

モバイルPOSAとは

POSAカードをデジタル化し、紙製の物理カードを必要とせずに店頭でプリペイドカードバリューを販売できるのが「モバイルPOSA」です。

ユーザーは店頭やその他告知に掲示されている指定QRコードを読み込み、スマートフォン上に表示されたバーコードを使用してレジで支払いができる仕組みです。

展開場所

全国の19加盟店、約3万7000店舗以上にて展開されており、順次拡大予定です。

優位点

  1. 「店頭での現金決済」により、前払いでの代金回収が可能。
  2.  追加広告コストが発生することなく、店頭を利用したマスマーケティングが可能。
  3.  デジタル商品(無形商品)となるため、在庫リスク/在庫コストの軽減

メリット

  1. 「店頭での現金決済」により、キャッシュレス決済に抵抗のあるユーザーの獲得
  2.  ホームページやネットプロモーションとの連動による高い販促効果

事例

ドラッグストア店頭にてQRコード記載のPOPを掲示し、カードレスで購入できるスキームにて商品展開を行いました。

また、同時に販売用バーコードをメーカーサイトから遷移できる導線を作り、自社サイトからのユーザー獲得を実現しました。

購入の流れ

導入までの流れ

導入までには5つのステップがあります。おおよそかかる時間は4~6ヶ月程度です。

詳細はお打ち合わせにてお話しをさせていただきますので、ぜひ問い合わせフォームからお問い合わせください。