InComm image

 

Case Study POSAカード事業:医療事業の券面化

 

株式会社MEDICAL  SANDBOX様


新型コロナウイルス感染症に特化した自宅でできるオンライン抗原検査サービス『MedQuick』の販売に、当社の技術が採用されています。

 

InComm image

 

小売店での販売が難しい承認済抗原検査のPOSAカード化を行い、店頭での展開を実現しました。

 

 

 

| 『MedQuick』とは?

MedQuickは「誰でも簡単に、自分で検査して、その場で結果が分かる、新型コロナウイルス感染症の抗原検査サービス」です。
厚生労働省承認の体外診断用医薬品を使用しており、万が一陽性の場合には、医師によるオンライン診察や保健所への連携があります。

 

 

 

| 導入前の課題

国内で承認された抗原検査は小売店等で販売することができず、2021年12月現在、小売店等で販売されている抗原検査は未承認のものになっております。弊社のMedQuickはオンライン診察+(承認された)抗原検査というサービスになっており、MedQuickを広く小売店等で販売することは厳しい状況でした。

 

 

| 採用の決め手

POSAカードの技術を活用することで、サービスを利用するための権利を広く小売店様で販売することが可能になります。また、インコム様は幅広い業態の小売店様とのお取引があり、広く弊社サービスを提供できる可能性があることも採用の決め手になりました。

 

 

| 導入後の効果

国内最大手のコンビニエンスストア様にて販売開始ができるようになっただけでなく、迅速に取り扱い店舗を増やすことができました。また、今までクレジットカードのみだった決済手段から、店頭での現金決済という新しい選択肢をユーザーに提供することが可能になりました。

 

その検査も店頭で販売しませんか?

 

| POSAカードとは?

POSA技術を用いた画期的なプリペイドカードです。

POSレジを通すことにより商品を有効化するため、

安心して店頭に並べられ、販売店への導入は簡単。

ユーザーは店頭で現金払いが出来るため、検査の購入層が広がります。

 

InComm image

 

| こんな課題はありませんか?

販路を拡大したいけれど、店頭販売は難しい・・・

検査の認知度を上げたいけれど、広告にはお金をかけたくない・・・

商品販売まで時間をかけたくない・・・

POSAカードなら、今お持ちの課題を解決できます。

 

 

POSA技術のしくみ、導入に必要な日数のモデルケースは

資料でご確認ください。

 

 

Let’s talk solutions.