Case Study

当社のペイメントサービスは、スーパーマーケットを展開するフジで採用されています。

当社が提供するペイメントサービス(加盟店サービス)を採用することで、QR/バーコード決済の円滑導入と店舗オペレーションの効率化を実現しました。

スーパーマーケット業界におけるQR/バーコード決済は、これまでユーザースキャン方式が多く採用されていました。お客様が店頭に掲示されているQRコードをスマホで読み取り、金額を入力した後に決済完了画面を確認する方式です。QRコードを店頭に掲示することでスピーディーに導入できる一方、決済の都度 店員・お客様に確認の手間がかかるなどのデメリットもありました。

当社のペイメントサービス(加盟店向けサービス)を採用することで、店員はスマホのバーコードを読み取るだけで決済が完了するため、店頭のオペレーションが格段に速く、円滑になりました。

当社の「AUTO機能」を活用

当社は、国内の他事業者に先駆けて「AUTO機能」を実装しています。決済事業者毎のコード情報にもとづき、当社が自動的に仕向け先の決済事業者を識別するため、POSレジで個別の決済事業者を指定することなく、スマホのバーコードをスキャナーで読み込むだけで決済が完了します。また、応答電文に設定されている決済事業者の名称を用いてレシート印字や売上集計が可能です。

当社の「SDK」活用による軽微なPOS改修

決済事業者毎に異なる接続インターフェースを当社が一本化しており、加盟店向けのAPI接続仕様書・SDK等が提供されるため、要件定義~リリースまで約3ヶ月間でスピーディに導入を行えました。セルフレジやセミセルフレジなどの構成も増えている中、技術面のサポート体制も充実しています。